PR

●製品名:アーキテリアシャッター

 ガイドレールを約60mm内側にオフセットして、シャッター面と隣接する壁とをフラットにしたシャッター。これまでは、ガイドレールを支柱にかませるようにして設けていたため、シャッター面と支柱および壁とに段差が生じていた。

 シャッターの面材は交換が可能。素材はフレームレスガラスやロートアイアン、アクリルパネルなど様々なバリエーションがある。側壁とフラットになる構造や面材を交換できる仕組みなどは特許出願中だ。

 開口部のサイズは、高さは3000mmまで、幅は面材の強度によって異なるが、ロートアイアンで4000mmまで、ガラス類のパネルで2500mmまで対応可能だ。価格はオープン。

 インテリアの装飾パネルなどを手がけるスガツネ工業と電動式シャッターを手がける東洋シヤッターがそれぞれの強みをいかして共同開発した。デザイン性のあるシャッターの面材はスガツネ工業社製。電動シャッターの製造、施工、保守は東洋シャッターが請け負う。販売はスガツネ工業が担当する。


問い合わせ:スガツネ工業
電話:03-3865-1122