PR

●製品名:プチロクNPR-50、プチロクワイドPW-75

 LAN配線やケーブルを、防火区画となる建物内の壁などを貫通させる際に用いる防火措置キット。2005年に販売を開始した「プチロク」シリーズに、開口径50mmの「プチロクNPR-50」と開口径75mmの「プチロクワイドPW-75」を追加した。建築基準法施行令129条2の5で義務付けられた防火措置の工法に適合している。これでプチロクシリーズは、計5品番となった(プチロクが開口径20、40、50mm、プチロクワイドが開口径75、100mm)。また、開口径40mmと50mmのプチロクについては、これまでプチロクワイドだけが対応していた合成樹脂可とう電線管(PF管、CD管)を施工対象に加えた。適応範囲を拡大したことで、国土交通大臣認定(1時間耐火性能)を新たに取得した(認定番号:PS060-WL0435/薄壁、一般壁、PS060-WL0436/中空壁、一般壁)。

 施工は、2つ割りの樹脂パーツを合わせて開口部にはめ込み、表面をシール材で被う。鉄筋コンクリート壁やALC壁(軽量気泡コンクリート壁)、中空壁などで使える。乾式工法のため、再配線をする時でもパーツを取り外すだけで簡単に解体・復旧ができる。プチロクは特許取得済み。プチロクワイドは特許出願中だ。

 価格は、プチロクNPR-50の場合、10組セットで1万7850円。プチロクワイドPW-75の場合、1組で4095円となっている。


問い合わせ:古河テクノマテリアル
電話:0463-24-9341