PR

●製品名:ZumenPDFserverWeb Ver2

 ウェブブラウザーで操作できるCADからPDFへのデータ変換ソフト。サーバーにインストールして利用する。手元のパソコンからサーバー上のフォルダにCADデータをコピーすると、一括してPDFに変換する。

 PDFのページ順序指定や変換設定などもブラウザーで行う。変換設定を登録しておくことで、誰が操作しても均一なPDFを生成できる。変換履歴を保存すれば、再変換も可能だ。1ファイルが400KB程度の容量であれば、1時間に1000ファイル以上を変換できる。

 CADデータの品質、精度を保ったままPDF化する。線は線として属性を維持し、劣化のない図面印刷が可能だ。QRコードの挿入やしおりの自動生成、セキュリティーの付加などの機能を持つ。

 DWGデータの変換では、図面再現に必要な機能を装備した。線の色や太さを指定したCTBのファイル情報や、AutoCAD専用のSHXフォントにも対応。レイアウト設定情報や参照ファイルも読み込んで変換する。通常は文字検索できないDWGデータ内のSHXフォントもPDF上で検索可能だ。CADファイルをPDF内に添付できるため、図面管理を効率的に行える。

 エクセルやパワーポイントなど、Microsoft Office形式の文書もPDFへ変換できるオプション機能もある。

 AutoCAD(DWG、DXF)形式、Jw_cad(JWC、JWW)形式に対応。価格はオープン。利用ユーザー数が最大10まで設定できる「ZumenPDFserverWeb Ver2 Lite10」の想定価格は60万円。

問い合わせ:マイクロアーツ
電話:0242-26-9920