PR

●製品名:3次元CAD「Caelum XXen」、3次元CAD/CAMパッケージ「Caelum III」

 PDFファイルへ出力するための機能「Adobe PDF Writer」を、2009年1月から発売を始めた最新バージョン(Ver. 4.1)のオプション機能に組み込んだ。別売りの「Adobe Acrobat 9 Pro Extended」(アドビ システムズ社)と併用すれば、2Dや3Dの設計データなどをPDF化できる。次の工程への情報などと併せて1つのファイルで作成することや、設計仕様書などの添付資料とPDFファイルでパッケージ化することが可能だ。

 PDF化の際には、パスワードやアクセス制限などの設定ができる。また、ファイルサイズが縮小されるので、大容量のCADデータもE-メールに添付して配布できる。トヨタケーラムが行ったPDFファイルへの出力試験では、100MBのデータを400KBに縮小できたことを確認している。

 また、データ類をPDFファイルに集約することで、確認作業の効率化が図れる。閲覧ソフトのAdobe Reader やAdobe Acrobatは無償でダウンロードできるため、データを受け取る側が特別なソフトを用意する必要もなくなる。

 Caelum XXenは、インターネットを使って複数がコラボレーションしながら設計作業をするCADシステム。価格は105万円。年間レンタルの場合は、31万5000円/年。Caelum IIIは、Caelum XXenなどをベースに自動車分野の設計・生産を主目的にしたCAD/CAMパッケージ。価格は220万5000円。年間レンタルの場合は、88万2000円/年となっている。



問い合わせ:トヨタケーラム
電話:052-223-3853