PR

●製品名:スペースメイクF

 間口を全開放できる折り戸としても使えるスライド式の自動ドア。ショールームや店舗、カフェ向けに開発した。人の出入りや天候に応じて使い分けられる。

 全開放する時は、自動ドアの電源を切り、引き込んだドアと戸袋部分をそれぞれ手動で半分に折りたたむ。その際、専用のハンドルで折り戸のロックを解除し、そのままハンドルを押し引きする。ハンドルは使用しない時に外しておけるため、見た目がすっきりとし、誤操作やいたずら防止になる。

 全開放時に自動でドアが開閉しないようセンサーで制御。ドアと戸袋のすき間をなくし、指などの巻き込みを防止した。戸先や丁番部分には緩衝ゴムを装着するなどの安全対策も施した。

 設置できる間口の幅は、自動ドアと戸袋が1組ずつの片引きタイプで1535~3135mm。自動ドアと戸袋が2組ずつの引分けタイプで3042~6000mm。高さは1800~3100mm。1mm単位で対応可能。枠はアルミを使用し、シルバー、ブラック、ステンカラーの3色で展開。レールはステンレス製だ。

 参考価格(税別)は、幅3600×高さ3270mmの引分けタイプで242万円。ガラス代や工事費、搬入費などは含まない。


問い合わせ:昭和フロント
電話:03-3293-6735