PR

●製品名:セパメイト

 軽量化・コンパクト化したメッキ鋼板の型枠。1m2当たりの重さは5kg、厚さは0.4mm。合板型枠と比べると軽さは3分の1、厚さは15分の1にした。搬入や建て込みなどの作業負担が減り、保管場所の省スペース化も図れる。

 施工は、フォームタイをセットしたセパレータを外側から孔に通して締める串刺し方式を採用。現場での切断や50mmピッチのスリットを利用した折り曲げ加工も可能だ。埋殺し方式の型枠なので解体や回収は不要。コンクリートを打設してすぐに埋戻し作業に移れる。廃材が出ないため焼却コストがかからず、処分時のCO2排出量の削減にも貢献する。

 これまでの鋼製型枠と比べて10倍以上の高耐食性をもつメッキ鋼板を使用。埋殺しした型枠でコンクリートを保護して外部からの水分やCO2を遮断し、コンクリートの劣化を抑える。衝撃などによる欠損を防ぐ効果も期待できる。湿度や塩分、アンモニアに対しても強く、地中や地階の施工にも対応する。価格は要問い合わせ。


問い合わせ:日新総合建材
電話:03-5635-6124