PR

●製品名:HP Designjet 510シリーズ

 最大解像度2400dpi、A1サイズのカラー線画の最速印字55秒といった基本性能を向上させたインクジェット方式の大判カラープリンター。従来品と比べて2倍の解像度と1.5倍超の速度を実現した。価格を抑えながら、CAD出力だけでなくポスターの内製など幅広い用途で使いやすいプリンターを目指した。

 ページ記述言語の「HP-GL/2」や「HP RLT」を搭載して、忠実な線画と高品位な画像出力を両立。ドットの同じ位置に複数のインクを複数回ドロップして、滑らかで美しい濃淡表現を可能にした。さらに、カラーキャリブレーション機能を搭載し、各色の濃度を自動で計って補正することもできる。

 メモリは標準で160MBを搭載(最大416MB)。プロセッサーは、内部処理速度をこれまでの4倍を超える高速化を図った。上位機種のみ対象となっていたプリント高速化機能「インプリンター プロセシング アーキテクチャ機能」も標準で装備した。

 使用するインクは、顔料系のKと染料系のC・M・Yの計4色。インクカートリッジの容量は各69ml。C・M・Yには、28mlの少量サイズも用意した。

 モデルは2タイプ。610mmの用紙幅まで対応するモデルは、サイズがW1253×D470×H349mm、重さが38.5kg。価格は29万1900円。1067mmまで対応するモデルは、標準装備のスタンドを含めたサイズがW1690×D674×H1100mm、重さが45kg。価格は41万7900円となっている。


問い合わせ:日本ヒューレット・パッカード
電話:03-6416-6660