PR

●製品名:Rメート

 5階建てまでの小規模な共同住宅をターゲットに据えた省スペース型のエレベーター。戸建て住宅用エレベーターを開発する過程で培った技術を盛り込んでいる。小型モーターの利用や取り付け位置の見直しなどで、1450mm四方の小さな平面スペース(昇降路寸法)を実現。昇降路の上部(オーバーヘッド)と下部(ピット)の高さも、それぞれ2750mmと850mmにサイズダウンした。これらによって設置位置の自由度が増し、敷地の有効活用が可能となる。

 駆動方式はトラクション方式。同方式は通常、かごとおもりを2本ずつ計4本のレールで支えるが、今回はコの字型レールを採用することで1本ずつのレールで支えられるようにした。これも小型化ができた要因の一つだ。

 定格積載量は250kg。定格速度は30m/分。出入り口寸法は開口800×高さ2000mm。ルーム寸法は幅900×奥行1150mmとなっている。鉄骨造や鉄筋コンクリート造の4階建て4停止の場合、工事費込みの価格は525万円から。操作パネルを1000 mm(パネルの中心)の高さに設置し、凸文字ボタンを採用するなど、使い勝手も向上させている。2009年9月に施行される改正建築基準法施行令で定めるエレベーターの安全基準にも適合している。

 三菱日立ホームエレベーターによると、5階建て以下の共同住宅ではエレベーターの設置例はまだ少ない。ただし、エレベーターを設置すれば、建物の利便性が増して資産価値の向上や入居率アップを想定できるという。同社は1年間で200台の販売を見込んでいる。


問い合わせ:三菱日立ホームエレベーター
電話:0120-345594