PR

●製品名:大静快(だいせいかい)

 定期的な点検や部品交換といったメンテナンスサービスの契約をセットにした、マンションなどの駐車場の出入り口用グリルシャッター。製品の見積書のほか、定期点検費の見積書や、向こう30年間の定期交換部品の費用を盛り込んだ長期修繕計画書も提示する。マンション管理組合が管理費や修繕積立金を容易に計算できるようになる。

 シャッターの機能では、開閉スピードをこれまでより3.2倍高速化した。高さが3.2mの開口部の場合、約23秒で全開する。作動音は62dB以下、平均で59dBまで静音化している。また、低振動の開閉機や防振ゴム構造の機構部を採用することなどで、建物に伝わる振動を従来タイプの約4分の1に減らした。

 開口部の設計範囲は、幅が2.0~6.4m、高さが1.7~4.2mだ。開口部のサイズが幅5.3m、高さ3.2m、天井納まり用ケースパネル仕様(スチール)の場合、取り付け工事費などを除いた価格は566万1000円。定期点検の費用は、シャッター一式・年2回で6万3000円(経費別)。駐車台数40台の場合の長期修繕積立金は、年間25万2980円となっている。点検費用と修繕積立金の合計は、車1台当たりに換算すると月額658円だ。メンテナンスは、全国110カ所以上にサービス拠点がある文化シャッターサービスが担当する。


問い合わせ:文化シヤッター
電話:03-5844-7111