PR

●製品名:遮煙乗り場ドア「けむりシャット」

 遮煙性能を確保したホームエレベーター用の乗り場ドア。ドアと枠のすき間、ドアとドアのすき間、ドアと敷居のすき間に気密材を取り付けた。オプションで設定した遮炎性能を持つ鋼板製難燃戸と火災管理運転機能を併せて採用すれば、防火区画(竪穴区画)を構成できる。エレベーターの設置スペースだけで遮煙と遮炎の両性能を確保できることがポイントだ。これまでのように防火設備を設置するための専用スペースが不要になるので、建築物のレイアウト設計の自由度が増し、工期短縮やコスト削減にもつながる。国土交通省大臣認定を取得済だ(CAS-0419)。

 設置対象機種は、パナソニックホームエレベーターの「NEW XLワイド3人乗り」「NEW 1414ミディモダン3人乗り」「NEW 1608フィット2人乗り」「NEW 小型エレベーター2人乗り」の4つ。カラーは、内装材に合わせて計8色から選べる。窓は網入りガラス。エレベーター乗り場1カ所当たりの施工費を含む価格(税別)は28万円。2009年9月に施行される改正建築基準法で定めるエレベーターの安全基準にも適合している。同社は、1年間で1200カ所の設置を見込んでいる。


問い合わせ:パナソニックホームエレベーター
電話:03-6218-1635