PR

●製品名:OfficeDARTS(オフィスダーツ)

 働く人が行動様式と利用時間を選択し、その情報を基にして座席を割り当てる座席アシストシステム。固定した座席を設けないフリーアドレス化に対応したアプリケーションソフトだ。オフィス面積の有効活用や社員の意識改革を狙う企業などをターゲットに据えている。

 利用者が端末機(パソコン)に自身のID情報を入力し、「集中」「議論」「発想」「その他」といった行動様式と、30分単位の作業時間をそれぞれ選択すれば、システムが座席を割り当ててくれる。行動様式と作業時間は管理者側で任意に設定できる。利用者が減少する時間帯などは割り当てる座席を特定エリアに集約することもできるので、照明や空調などの効率化が図れる。

 利用者ごとの座席利用の履歴や利用時間ごとの課金算定機能を備えている。オプション設定で、利用者の誕生日や趣味などのカテゴリーを登録し、カテゴリーが共通する利用者を隣席に割り当てる機能を盛り込むことが可能だ。

 サーバの動作環境(OS)は、SUSE Linux Enterprise Server 10、Microsoft Windows Server 2003。端末側の利用環境は、Microsoft Windows XP。1フロア1サーバで利用人数が50人程度の場合、価格は176万4000円(サーバや端末機器は別)。同社は、1年間で5000万円の売上を見込んでいる。


問い合わせ:コクヨ
電話:0120-201594