PR

●製品名:「エッグウォール」

 マヨネーズ工場などから廃棄される卵殻を主原料とした内装用壁紙。壁紙の表面に卵殻を99%以上使用した。卵殻の質感を生かし、塗り壁の風合いに仕上げた。

 卵殻には、気孔と呼ばれる穴が卵1つ当り7000~1万5000個開いている。この多孔質な構造が吸着性を高め、脱臭・調湿機能を備えることにつながっている。

 製造は、グランド用ライン材やチョークなど卵の殻を原料にした製品の開発に取り組むグリーンテクノ21が行う。日本エムテクスは販売を担当する。

 カラーは、卵殻そのままの色で1色のみ。サイズは、幅95cm。価格は、30mの1ロールが4万5000円(税別)。4月中旬に発売する。


問い合わせ先:日本エムテクス
電話:03-5433-3450