PR

●製品名:軟水器

 水道水に含まれるカルシウム成分やマグネシウム成分(硬度成分)を、イオン交換樹脂を通すことで1mg/L(硬度1)以下まで低減できる軟水器。世界保健機構(WHO)の基準によれば、日本の水道水の硬度成分の平均値は、60mg/Lだ。少量でも硬度がある水で石けんを使用すると、石けんと硬度成分が反応して石けんカスが出る。軟水器で硬度成分を除去することで、石けんカスによる水まわりの汚れや肌の乾燥を軽減できる。

 ノーリツでは、軟水器を使ったお湯(40℃)で乾燥肌の被験者が10分の全身浴を5日間続ける入浴試験を実施。入浴後の肌の水分量は、実験初日より32%上昇した。

 軟水器は、水道メーターからすぐの住戸側に設置する。イオン交換を行って硬度成分が飽和したイオン交換樹脂は、約60日ごとに再生剤を補充すれば元の状態に戻すことができる。再生剤を10kg付属した場合で、価格は30万300円(工事費別)。2009年4月20日から販売を開始する。1年間で3500台の販売を見込んでいる。


問い合わせ:ノーリツ
電話:0120-911-026