PR

●製品名:スクーザ

 バールやジャッキといった災害時の人命救助などに必要な道具を、座面や脚部に備蓄した屋外用のベンチ。道路脇や商店街などに点在させることで、平時は歩行者が気軽に腰掛けられるストリートベンチとしても利用できる。座面には900mmのバールを、脚部には最大荷重1トンのジャッキと20mのロープをそれぞれ内蔵している。非常時には脚部の鍵を開けて座面を取り外し、それぞれの道具を取り出す。防災備蓄品をベンチに格納するシステムは、特許申請中だ。

 専用キーで六角穴付ボルトを回して開ける。ベンチ一脚につき緊急ホイッスルと組み合わせたキーが2本付属している。ホイッスルはボルトの支え具も兼ねている。材質は、座面がリサイクルウッド、脚部がアルミ押出形材で、耐用年数は20年だ。脚部を埋設しモルタルで固定する独立基礎式と、アンカーで固定する方式の2タイプを用意。路面の状況や素材に左右されない設置が可能だ。

 サイズは、幅1000×高さ674mm。座面の幅は156mm。座面両脇の表示プレートに店舗広告などを入れることで地域の活性化にもつながる。防災備蓄品を含めた価格は10万5000円。自治体のほか、商店街や自治会、自主防災組織などをターゲットに据えている。設置の際には、2008年8月に中小企業庁が内容を拡充した中小商業活力向上補助金の対象となる。


問い合わせ:風憩セコロ
電話:03-5282-3351