PR

●製品名:耐震補強壁工法「壁王(へきおう)」

 外壁をリフォームすることで耐震補強にもなる新工法。外装仕上げ材に使用する窯業系サイディングを、耐力面材として利用できる仕様にした。リフォーム時の外壁の強度を示す「壁強さ倍率」は、5.2kN/m。これまでの一般的な窯業系サイディングを釘留めした場合、壁強さ倍率は1.7kN/mだった。日本建築防災協会による公的技術評価を取得している(評価番号:DPA-住技-29)。同社によると公的技術評価を取得したのは業界で初めてという。

 施工方法は、既存の外壁を撤去して柱や梁、断熱材などの状態を確認し、透湿防水シート「スーパーシート」を施工する。その後、専用の胴縁を専用の釘で固定して外装材を専用のビスで取り付ける。筋交いや構造用合板などは不要だ。外壁を取り替えるだけなので、工期の短縮とコスト削減につながる。内装工事の必要もないので住みながら工事ができる。

 使用範囲は、在来軸組み構法の木材住宅の外壁で、柱間は600~2000mm。高さ方向は2420~3030mm(サイディング長さ)。対応する窯業系サイディングは「AT-WALL壁王」でニューコタタキHXとウッドボーダー4HXの2柄6色。サイズは、幅455×長さ3030×厚さ18mm。外装材本体の価格は、1m2当たり7388円。輸送費、施工費は含まない。2009年4月20日に発売する。


問い合わせ:旭トステム外装
電話:0570-001-117