PR

●製品名:WT-3000J

 縦横250mm角、厚さが67mmの小型化を実現した、防犯カメラシステム用のモニター内蔵デジタルレコーダー。ノート型パソコンに用いる小型のハードディスクを採用するなどして、壁に取り付けられるコンパクトサイズとした。4.1インチの液晶モニターは、0~90度の間で無段階に角度が調整できるチルト機構を搭載。高所に設置した際、モニターの角度を下向きにすれば表示を確認しやすくなる。また、機能を集約したことで、これまでマルチプレクサ(回路装置)、レコーダー、モニターで構成していたシステムのような配線工事を不要にしている。設置スペースを確保しにくいような小規模店舗を主なターゲットに据えている。

 監視用カメラを4台までと防犯用などのセンサーを8台まで、それぞれ同時にレコーダーへ接続することができる。設置の際の設定で、特定のセンサーが感知した場合に、それと連動したカメラだけを作動させることも可能だ。複数のセンサーと1台のカメラといった組み合わせなどだ。動画の録画と再生速度は1秒当たり最大で30枚。データを記録するハードディスクの容量は160GBで、最高1100万枚程度まで記録することができる。補助記録媒体としてSDカードにも対応。ネットワークに接続したパソコンから、一般的なブラウザを使って遠隔操作で記録画像の検索などをすることもできる。

 オープン価格。1年間で2000台の販売を見込んでいる。なお、電源として別売りのACアダプタ、または直流電源装置が必要となっている。

モニター内蔵デジタルレコーダー「WT-3000J」(写真:オプテックス)
モニター内蔵デジタルレコーダー「WT-3000J」(写真:オプテックス)

問い合わせ:オプテックス
電話:077-579-8000