PR

●製品名:200V IHクッキングヒーター、200Vビルトイン電気オーブンレンジ

 200V IHクッキングヒーターは、ビルトインタイプの調理器具。鍋底温度を検知する光火力センサーを進化させて、揚げ物の温度に適する140~200℃の検知が可能な新型赤外線素子を開発した。これによって付属鍋以外の金属鍋でも揚げ物温度制御が可能になった。

 機器内部の冷却構成の最適化によって、25dBの静音設計を実現した。木の葉のふれあう音以上と人のささやく声以下の音であるため、煮込みなど長時間トロ火をする時にも気にすることなく調理できる。電源を入れたままボタン操作をせずに加熱しない状態が約15分経過すると自動的に通電を停止する「電源スイッチ自動OFF」や、グリル排気口から出る煙を本体上方へ導いて壁面の汚れを抑える「グリル排気方式」などの機能を搭載している。

 フロント部分はすっきりとしたデザイン。鉄・ステンレス対応のタイプから、オールメタル対応のタイプまで全12種類がある。また、操作できるボタンのみが点灯する「光る天面ナビ」機能が搭載している機種もある。鉄・ステンレス対応(2口IH+ラジエント)の場合、価格は25万7250円から。3口IHの対応機種もある。7月10日発売予定。シングルオールメタル対応(3口IH)の場合、価格は34万6500円。ダブルオールメタル対応のタイプもある。7月1日発売予定。

 また、200V IHクッキングヒーターとトータルデザインで組み合わせできる200Vビルトイン電気オーブンレンジも7月1日に発売する。ヘルシーグリル皿を採用して、レンジ、ヒーター、スチームの3つの熱源を使いヘルシーな両面焼き調理を可能にした。従来品より表示部を約1.6倍、文字を1.5倍大きくして見やすくした。本体色はブラックかシルバーを選べる。価格は26万2500円から。

200V IHクッキングヒーターと200Vビルトイン電気オーブンレンジの組み合わせ(写真:パナソニック)
200V IHクッキングヒーターと200Vビルトイン電気オーブンレンジの組み合わせ(写真:パナソニック)

問い合わせ:パナソニック
電話:0120-878-365