PR

●製品名:タース

 塗布した部分にガラス質の結晶をつくって紫外線や塩害などからコンクリートを保護する水性無機質塗料。ケイ素を主成分にしている。空気中の二酸化炭素に作用して特殊なケイ酸ゾル(ガラス状固形物)を形成するよう工夫した。コンクリートの成分と反応して結晶化したケイ酸塩化物が降雨や湿気で溶出し、コンクリートの中性化や劣化を引き起こすことがない。

 タースは、コンクリートの毛細孔に浸透してガラス質となる下塗り液と、それを保護する上塗り液との2液で構成している。上塗り液には、建物の汚れを低減させるために親水性をもたせた。降雨時に水を内側に引き込むが、許容量を超えると水を外に出して表面に付着した汚れを流してしまう。

 無機質なので有害ガスの発生がなく無臭だ。一方、空気中の二酸化炭素を取り込む働きから、地球温暖化防止にも役立つ。

 施工方法によって異なるが、耐用年数は10年以上という。コンクリートのほかに、石材や木材の保護用などもラインアップしている。価格は要問い合わせ。

コンクリート保護塗料「タース」の施工例(写真:タース)

問い合わせ:タース
電話:098-876-8685