PR

●製品名:ストラクチャスキャンEZ

 コンクリートの非破壊検査用に開発されたコンパクトな鉄筋探査機。これまで2つに分かれていたアンテナとコントローラを一体化して軽量化を図り、片手で操作できるようにした。一体化によって従来品よりも部品数が減ったため、従来399万円だったものが273万円になった。

 足場の悪い場所でも長時間の測定が可能。低消費電力回路の採用によって、内臓バッテリーのみでも約3時間の連続測定ができる。既に発売している1600MHzアンテナのタイプとほぼ同等の性能。最大深度約30cmまで測定ができる。また、レーダーボードの採用によって、装置の設定や測定を自動化しており、専門知識がなくても使いやすくなっている。

 今後、応用地質ではこれまでのストラクチャスキャンシリーズも含め、新たに初年度は50台、2年目には100台の販売を目指しているという。2009年7月より販売を開始する。

ストラクチャスキャンEZの操作例(写真:応用地質)
ストラクチャスキャンEZの操作例(写真:応用地質)

問い合わせ:KEYTEC(販売代理店)
電話:03-6380-5360