PR

●製品名:200V ビルトインIHクッキングヒーター

 火力調節やタイマー合わせなどを、天面の「スマートつまみ」と「ガラスタッチ」の2通りの方法で設定できる「2Way操作方式」を採用したビルトインIHクッキングヒーター。スマートつまみでは微妙な火力調整やタイマー設定をアナログ感覚で軽く回して調整でき、ガラスタッチでは500W刻みの火加減やIH自動メニューの選択などができる。また、新しい「音声ガイド機能」の搭載で操作手順やエラーガイドだけでなく、タイマー設定時間や火力案内などを聞くことができる。

新機能の「スマートつまみ」(写真:三洋電機)
新機能の「スマートつまみ」(写真:三洋電機)

 高齢化社会が進む昨今、火を使わない調理器が安全性と掃除しやすい点から評価され、リフォームなど既築住宅への需要が拡大している。三洋電機ではこうした需要に応えるため、デジタル操作が苦手なユーザーでも使いやすいビルトインIHクッキングヒーターを開発した。

 グリルには、グリル内上部に遠赤塗装を施した「遠赤平面ヒーター」を搭載した。焼き網から上部ヒーターまでの高さを65mmのワイドグリルとし、従来機種より庫内面積を24%広くしたことで、厚めの食材や大きな食材でも焼きムラが少ない。

 緊急時に備えた機能を搭載している。ふきこぼれなどの緊急時には、スマートつまみをトッププレートから外すと加熱を停止。1分以内にトッププレートの元の位置にスマートつまみを戻せば、直前に調理していた火力に復帰できる。また、地震などの非常時に備えて「耐震ロック機能付きスライドレール」を採用。地震時にレールロック機構が働いて、グリルドアが開かない仕組みになっているおり、クッキングヒーター前の避難通路を確保できる。そのほか、子供のいたずらや誤操作を防止する「オールロックキー」機能や切り忘れ防止機能などある。

 全6機種。トッププレートの幅が75cmのタイプの場合、サイズは幅74.9×奥行き56.3×高さ24.5cm、プレートの色はシルバー。幅が60cmのタイプの場合、サイズは幅59.9×奥行き56.3×高さ24.5cm、プレートの色はシルバーとブラックがある。それぞれレンジフード連動タイプか否かを選べる。希望小売価格は、31万800円から(工事費、送料など含まない)。8月1日発売。

200V ビルトインIHクッキングヒーター(写真:三洋電機)
200V ビルトインIHクッキングヒーター(写真:三洋電機)

問い合わせ:三洋電機
電話:03-6364-3451