PR

 ヤマハモーターパワープロダクツは、発電機「EF900FW」を発売した。

 供給電気の波形ひずみ率を従来製品の約25%から8%以下に低減。電源として、使用可能な電気機器を拡大した。

 メタルハライドランプの場合、光のちらつきを最小限に抑える。コード付き電動工具など速度制御付きモーター機器にも対応する。

 燃料は無鉛ガソリン。燃料タンクは2.7リットル。満タン時の連続運転可能時間は4~5時間。

 マフラー容量の向上や構造の改善で、耳触りの少ない稼働音にした。 サイズは長さ401mm× 幅298mm×高さ420mm。重量は24kg。

 価格は10万2900円。

(日経コンストラクション6月25日号「新製品・新サービス」より)