PR

 鶴賀電機は、暑さ指数計測用センサー「401D WBGTセンサー」を発売した。

 従来機からデジタル表示機を除いた簡易版の暑さ指数計測用センサー。写真は三脚スタンド(別売り)付き。

 人が熱中症になる危険度を示すWBGT(暑さ指数)値や温度、湿度などを計測。データを有線でパソコンに送信する。CSV出力可能。

 パソコンに専用ソフトをインストールすれば、各測定値の推移のグラフ表示も可能。熱中症の危険度のレベルに応じた予防対策も表示できる。

 オプションで、データの無線送信に対応。音や光による警報装置への接続、警報メールの配信も可能だ。

 価格は30万円から。

(日経コンストラクション8月13日号「新製品・新サービス」より)