PR

 太陽工業は、災害などの停電時に電源を容易に確保できるモバイルソーラー・バッテリーシステム「ウイングソルMSR-1110B」を発売した。

 アモルファス太陽光発電シート(ソーラーユニット)とバッテリーユニットで構成。バッテリーユニットは充電用ACアダプターも装備しており、単体でも使用できる。

 発電シートは、幅1036mm×長さ2010mm。巻き取り式で、幅163mmの本体に収納でき、持ち運びが容易。ニッケル水素蓄電池を採用し、安定した出力が確保できる。

 バッテリー使用時間は、100Wで約50分、45Wで約2時間。通信機器やパソコン、照明、液晶テレビなどに幅広く使用できる。

 価格は60万9000円。

(日経コンストラクション8月27日号「新製品・新サービス」より)