PR

 日本電業工作は、災害発生時に防災施設などの鍵の管理ができる「遠隔避難設備鍵管理ソリューション」を開発した。

特徴
■通信方式はWi-Fiと3G回線、電源は単三乾電池、外部電源、太陽電池から選択。温湿度、開閉などのセンサーは3台まで搭載できる。

■緊急避難場所に設けた門扉の開錠を遠隔地から操作できる。鍵の開錠状況はメールで通知するとともに、画面での監視も可能だ。防災備蓄庫などの鍵を人力で開錠し、管理者に通知する監視システムとしても利用できる。

■固定のネットワーク環境や電源を確保できない屋外でも状況に応じた設置が可能。

価格
要見積もり(1台10万円程度)

(日経コンストラクション11月12日号「新製品・新サービス」より)