PR

 オートデスクは、土木施設整備などに向けたCIMアプリケーション「Autodesk InfraWorks 2014」を発売した。

特徴
■簡単な操作で二次元CADやラスター形式の地形・地図データと「Autodesk Revit」などで作成したBIM / CIMモデルとを統合して、三次元の計画モデルを作成できる。

■都市開発や土木施設の計画をビデオ映像などに仕立てて、プレゼンテーションに活用できる。

■SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のようなコミュニケーションツールを搭載しており、同じ図面を見ながらほかのユーザーとチャットで意見交換したりメッセージを残したりすることが可能。

価格
76万6500円(新規の独立動作環境)

「日経コンストラクション6/24号新製品」より