PR

特徴
■作業員が装着したスマートフォンのGPS機能を用いて位置情報をデータセンターに自動送信する。データを地図上に表示して、作業員の配置状況をリアルタイムに把握できる。

■映像と音声によって正確な状況を把握することで、迅速で的確な指示を出せる。一定時間、位置が停止している場合にアラート通知する異常検知機能を搭載。

■施設の設計図をはじめとしたCADデータも利用できる。

■対応OSは、Android 4.0以上

価格
サーバーソフトウエア504万円(1ライセンス)ほか

開発の背景
作業員の安全を一括で管理できる

日立ソリューションズ 防衛・危機管理システム部
板谷 英治

 設備の複雑化や作業範囲の広域化、熟練作業員の減少などによって、作業員に対する安全管理や有事対応に情報技術を活用するニーズが高まってきている。

 当社が持つ高度なGIS(地理情報システム)技術を活用し、スマートフォンを使って作業員の位置をリアルタイムで把握できるようにした。映像と音声を共有できるので、作業員に対して遠隔地から指示を出すことが可能だ。万一、作業現場で事故などが起こった場合にも、状況把握や対処が迅速に行える。

 作業員が移動した軌跡を地図上に表示でき、事故の原因確認や再発防止策の作成にも役立てられる。広範囲にわたる作業現場での効率的な人員配置の計画業務にも活用できる。

 谷沢製作所が開発した多機能ヘルメット「Uメット」などUシリーズ製品と連携すれば、状況伝達、映像のリアルタイム送信をハンズフリーで実現できる。同時に接続可能な端末数に制限はなく、並行して進む複数の作業現場の状況を一括して把握できる。(談)

「日経コンストラクション8/26号 新製品」より