PR

日本ハイコンは、実測した数点のデータをもとに、水路全体の瞬時流量を自動計算できる「ポータブル電磁流速計FH950」を発売した。

特徴
■河川や水路で同一断面上の複数箇所の流速を測定・記録し、水深を入力すれば、瞬時流量を自動で算出できる。

■測定中にボタン一つで本体にデータを記録可能。データはUSBポートからPCへ送り、加工もできる。

■河川水、上・下水道水、農業用水、工業用水などの測定が可能。センサーは電磁式で信頼性が高く、メンテナンスはほとんど不要。

■オプションの水深センサーを利用すれば、水位や測定ポイントの水深を簡単に測定できる。

価格
89万2500円~

「日経コンストラクション9/23号 新製品」より