PR

イービストレードは、東京都下水道サービスらと共同開発した無翼扇型送風機「ホールエアストリーマ(HAST)」のレンタルを開始した。マンホールなどで使用できる。

特徴
■マンホール入り口の縁などに設置したノズルからコンプレッサーの圧縮空気を送り込むと、周囲の空気を巻き込んで送風できる。入り口に空間を確保できるので、送風しながら人の出入りや資材の搬出入が可能。

■コンプレッサーから送り込まれる圧縮空気の約100倍の風量を送り込める。圧縮空気の風量が毎分2.0m3であれば、直径600mmのファン式送風機と同等以上の送風性能を持つ。

■様々な作業空間に対応できるように、送風量を調節できる。

価格
要見積もり

開発の背景
入り口を開けたままで換気

東京都下水道サービス 技術部技術開発課
曽根 啓一

 下水道管路内での作業は、酸欠や硫化水素の発生、増水などの危険が伴う。従来のファン式送風機による換気では、開口部を塞ぐため、資材の搬出入や緊急時の避難に難があった。そこで、開口部を塞がずに換気できる装置を開発した。

 コンプレッサーからの圧縮空気を吹き出す小型ノズルを、マンホール開口部の縁に配置して空気を送り込むと、周囲の空気を引き込みながらマンホール内部に送風できる。従来の送風機と同等以上の送風量を確保するのは難しかったが、ノズルの構造や配置を工夫して解決した。

 複数の地域で検証を行ったところ、問題なく換気できた。使用者からも、送風中でも人の出入りや資機材の搬出入ができるので、作業効率が向上したと好評だ。マンホール内の作業員との声や目視でのやり取りも容易になり、安全・安心の面でも高い評価を得ている。

 下水道以外でも電気やガス、水道、造船関係者などから使いたいという声をもらっている。既に多数の問い合わせがあり、実際に10件のレンタルを始めている。(談)

「日経コンストラクション10/14号 新製品」より