PR

フォーラムエイトは、CIMに対応した図面などの作成をサポートするツール「3DCAD Studio」を発売した。

特徴
■関西大学を中心とした産学連携で開発した国産の汎用三次元CADエンジンをベースにしている。

■二次元カーブをスイープ操作(押し出し、スイープ、回転)することで、三次元形状を作成できる。作成した形状に対する編集も可能。

■DXF、DWG形式での入出力機能を搭載。既存の二次元図面ファイルの読み込みや、三次元形状のポリフェースメッシュでの出力が可能。

■3DSファイルの出力機能を有している。三次元大規模空間を簡単に作成できる同社の「UC-win/Road」へのファイルのインポートも可能。

価格
18万円(税抜き)

「日経コンストラクション4/13号 新製品」より