PR
三井住友カード(東京都港区、月原紘一社長)は、大阪市福島区に2008年6月竣工予定で、地上50階建て総戸数560戸となる関西最大級の超高層マンション「The Tower Osaka」向けに、「はぴeVISAカード」一体型の「非接触ICカードキー」を発行する。
1枚のカードでマンションキー機能、クレジットカード機能に加えオール電化ポイント機能を搭載するのは全国初の取組み。

「The Tower Osaka」に導入されるキーは、非接触ICカードキーとしてのセキュリティ機能に加え、関西電力と三井住友カードが発行するオール電化ご利用者向けポイント機能(はぴeポイント)とクレジット機能の付いた「はぴeVISAカード」としての機能も備える。

非接触ICカードキーにより、各住戸玄関キーだけでなく、建物への入館(エントランス・通用口)、共用ゾーンの利用、エレベーターの呼び出しの機能を併せ持つ。エントランス、エレベーターホール、エレベーターの呼び出し、住戸玄関の4重のロックで高いセキュリティを実現した。

一般のクレジットカード機能に加え、毎月のマンションの管理費や駐輪場費のクレジットカード決済による引き落としも可能。

クリーニングの受け渡しなど、マンションのコンシェルジュサービスでは、はぴeVISAカードのほか、はぴeVISAカードとひも付けされた「はぴePiTaPaカード」(非接触ショッピング機能)での支払いも可能。

「はぴeポイントクラブ」会員証カードとしては、電気使用量に応じてポイントがたまるだけでなく、クレジットカード利用でもポイントがたまる。さらにマンション周辺の「はぴeポイントクラブ加盟店」でサービス利用によるポイント獲得のほか、割引きや優待など様々なサービスが受けられる。

「The Tower Osaka」は、中之島西部地区の対岸にある大阪大学病院跡地における複合都市開発「水都・OSAKA α プロジェクト」の一つとして計画された、50階、560戸からなる関西最大級の超高層タワーレジデンス。関西電力のオール電化エコ給湯、大地震にも安心な免震構造、最高レベルのセキュリティシステムの導入など最新の技術を用いている。

三井住友カードは、「はぴeVISAカード」一体型の非接触ICカードキーを発行することで、住宅・ショッピング・交通という生活に密着したシーンで、都市型超高層マンションに相応しい質の高いサービスをご提供する。