PR
東芝エレベータ(東京都品川区、下野政之社長)は、メモリカード記録部内蔵型の防犯カメラシステム「トスミール NEO(ネオ)」を開発し、12月より販売活動を開始する。

新開発した防犯カメラシステムは、これまで記憶媒体として採用してきたハードディスクドライブにかわり、業界初となるメモリカードを新たに採用した。従来の記録媒体は、エレベーターのかご上に設置していたが、メモリカード記録部は防犯カメラに内蔵しているので、これまでとは異なりエンジニアに依存することなく、ユーザー自身が必要に応じてかご室内で記録データを取り出すことが可能だ。また、取り出したメモリカードは、防犯カメラに付属の専用再生機で簡単に再生可能なほか、パソコンへの画像データへの保存も可能。

また、ダイナミックレンジ補正技術をエレベーター内の監視カメラとして国内で初めて搭載した。この技術は人間の網膜を応用した技術でカメラの捕らえた映像を特殊なアルゴリズム技術により、暗いところから明るいところまで幅広く表現することができる。これにより、従来、ガラス越しやエレベーターの扉が開くことによる外光によって見えづらくなっていた映像がよりわかりやすく表現することができる。

新システムは、ネットワークカメラ機能も搭載しているのでユーザーの既存ネットワークに接続することが可能で、エレベーターかご室内をはじめ、建屋内の天井やエントランスホール、駐輪場やごみ捨て場などの屋外にも監視用防犯カメラシステムとして利用することができる。同社は新防犯カメラシステムを積極的に拡販し、マンションをトータルでサポートしていく意向だ。