PR
ASPグループウェア「イントラネッツサービス」を提供するウェブエックス・コミュニケーションズ・ジャパン(WebEx、東京都港区、田野豊代表)は、東日本電信電話(NTT東日本、東京都新宿区、高部豊彦社長)と、マンション管理組合向けホームページである「マンションポータル イントラネッツ」の販売委託契約を締結した。

NTT東日本では今後光ブロードバンド「Bフレッツ マンションタイプ」の導入提案にあわせて取り扱いを開始する。NTT東日本が光ブロードバンド「Bフレッツ マンションタイプ」と「マンションポータル イントラネッツ」のセット販売を行う。

WebExが提供するイントラネッツサービスは、中小企業を中心に、世界で多くの導入実績を持つ、ASPグループウェア。「マンションポータル イントラネッツ」は、管理組合が独自にホームページを構築する際の費用や作業の負担を軽減できるよう、管理運営、情報共有に必要な様々な機能を持つサービスだ。利用料金は、ユーザー数無制限で管理組合ごとに月額費用7140円(税込)と、管理組合のコスト負担を抑えた低価格な設定。ASPのため、ユーザーによるサポート、運営の手間は一切かからず、携帯電話からも利用が可能。

NTT東日本が提供する「Bフレッツ マンションタイプ」は、光ファイバーをマンション等の集合住宅に敷設することで、高速なインターネット接続を可能にするサービス。