PR
鉄道情報システム(JRシステム)は、マンション管理組合向けの情報提供サービス『マン索ねっと』で、ナカシャクリエイテブの「図面の電子化サービス」の提供を開始した。マン索ねっと会員価格の設定がある。

同サービスは、マンションの竣工図面などを電子化するもの。仕様は国土交通省のマンション履歴システム「マンションみらいネット」に準拠している。図面を預かったうえで、CDを正副2枚作成し納品する。マン索ねっと事務局で申込を受け付け、その後、ナカシャクリエイテブから管理組合へ受付確認の連絡がある。

多くの管理組合では、竣工図面などを紙のまま保管している。図面を紙のまま保管しておくと、褐色などの劣化、保管場所の問題、取り出して使用した後の元通りに戻す手間、さらに破れたり汚れたりといった問題が発生する。

「図面の電子化サービス」は、マンションの竣工図面などの書類を一括してスキャニング・電子化を行うサービス。電子化を行えば、破損・汚損が防止できるだけでなく、保管場所をとらず複製も簡単に行え、大規模修繕工事や専有部のリフォームなどの活用範囲が広がる。

料金は、図面のサイズに関係なく一律で利用しやすい。基本料金(受付・作業管理・納品・請求経費)は、1申込みあたり一般の管理組合価格(消費税込み)3万6750円のところ、取扱サービス開始キャンペーンとして、2007年1月31日までマン索ねっと会員価格(消費税込み)2万8000円。スキャニング料図面1枚あたり一般315円のところ、同240円。

ナカシャクリエイテブは、昭和35年の創業以来、画像処理技術を通じて、写真・図面・地図などの情報を、正確に見やすく加工・再現し、顧客の業務の効率化に取り組んできた実績がある。現在、国土交通省が進める「マンションみらいネット」の図面電子化サービスの受託も行っている。