PR

Q: 9月4日付の質問者です。 リゾートマンションゆえ他の区分所有者と顔を合わせる機会が少なく、区分所有者リストは個人保護法の関係から容易に得ることができません。 理事会(理事長)の具体的な疑義に関しては文書でまとめてありますが、リストがなく配布は難しい現状です。 当マンションの問題は前の質問(9月4日付)中にも記載しましたが、圧倒的多数の白紙委任状にあり、それが理事長の手中にあることで私どもが理事に立候補しても数で全く問題にされず、理事長の思いのままの理事を当選させ得ることで理事会も理事長に牛耳られてしまっていることです。 総会で白紙委任状問題を提起しても提起だけに終わってしまいそうです。 区分所有者の意識改革や地道な仲間作りとも困難に直面しています。 どうしようもないのでしょうか?

この記事は有料会員限定です

【初割開始】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割開始】日経電子版とセットで2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中