PR

※今回は休暇中の村田に代わりまして、日経アーキテクチュア編集の高市が執筆しています。 ちょうど1年前、2007年1月24日の本欄「月夜の遠吠え」を見返しますと、「建て替えめぐる『客観的要件』の議論は終わったのか」というタイトルで、担当者の村田が吠えています。奇しくも村田がこの原稿をアップしたその日、まさに村田の言う「議決権の5分の4以上を占める圧倒的多数が『建て替えたい』意志で」まとまったはずのマンション建て替え決議について、「再建建物の敷地を特定していない点で重大な瑕疵がある」として無効とする判決を、東京地方裁判所が下しました。

この記事は有料会員限定です

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中