PR

10年前にその駅周辺で専有面積70m2のファミリー向け新築マンションを購入してすぐに賃貸に出し、つい最近、何らかの手段で賃貸借契約を解消して売却したとすると、賃貸収入と売却益で6000万円近い利益を出せる計算が成り立つエリアが東京にあるそうです。 その試算によると、10年前の購入価格は5018万円。金利負担や税・手数料は考慮外ですが、売却額と10年間の賃貸収入の合計は1億945万円(売却益2029万円、賃料収入3898万円)に上り、購入価格との差額は5927万円もあります。10年間の単純利回りは218.1%。購入価格以上の利益を確保できることになります。 “借金してでも購入する価値があった”といえそうなこの駅、いったいどこでしょうか。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中