PR

微妙に傾く鉄骨や、その鉄骨が集中する複雑な分岐継ぎ手─。BIMを使うことでこうしたハードルをクリアした。複雑な形状の建築物の場合、手戻りのない高精度な設計や施工がBIMによって可能になる。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料