PR

東京スカイツリーが5月22日に開業した。話題のビッグプロジェクトには挑戦的な技術が満載だ。一見、別世界の話のように思えるこれらの技術だが、今後の建築計画に影響を及ぼしそうなものが少なくない。例えば、世界初となる「心柱制振」は、吹き抜け空間のある超高層ビルなどで応用可能だ。スカイツリーのために開発した大容量のLED照明器具は、スタジアムや大規模な体育館へのLED導入に弾みをつける。構造面の工夫から短工期を克服した施工プロセス、高効率のエネルギー利用まで、東京スカイツリーの実現を支えた15の“使える”技術を解剖する。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料