PR

真夏の屋根は炎熱地獄。表面温度は70℃近くになるとも言われ、室内の空調負荷を増大させる要因になっている。そんな屋根の熱さを緩和してくれるのが遮熱塗料。注目する発注者も増え始めている。

 「ここ1年の遮熱塗料の販売量は、前年の2倍に増えた。このところの節電意識の高まりで、設計者や施工者だけでなく一部の発注者も関心を持つようになった」

 そう語るのは、関西ペイント販売で遮熱塗料の販売に当たっている営業部の杉山真一課長だ。震災後の節電対策は、屋根の塗料にまで及んでいる。

赤外線を反射する顔料を採用

 塗料は顔料と樹脂でできている。遮熱塗料が普通の塗料と違うのは、赤外線を反射する特殊な顔料を用いていること。これを屋根に塗ることで表面温度の上昇を抑え、室内の暑さを緩和する。結果的にエアコンなどの空調設備の使用量を抑制でき、それが節電やCO2排出量の削減につながる。

 関西ペイントの遮熱塗料「アレスクール」は、赤外線を反射する特殊顔料をトップコート(上塗り)にもプライマー(下塗り)にも配合。大半の赤外線を上塗りでブロックし、透過した赤外線の一部も下塗りで反射する「ダブルブロック」方式を採用している(図1)。

図1 上塗りと下塗りのダブルで赤外線を反射
屋根の表面温度を上げる赤外線を、特殊顔料を用いた上塗りと下塗りでブロック。上塗りで透過した一部の赤外線も、下塗りではじくので効果が高い(資料:関西ペイント)
屋根の表面温度を上げる赤外線を、特殊顔料を用いた上塗りと下塗りでブロック。上塗りで透過した一部の赤外線も、下塗りではじくので効果が高い(資料:関西ペイント)

 アレスクールを採用すると、省エネにどれくらい効果が期待できるのか。屋根面積300m2程度の一般的な建物を対象として同社が行ったシミュレーションによると、一般的な塗料を施工した場合と比べて、屋根の表面温度で約15℃、室内温度にして約3℃下げることができるという。これによって、冷房の稼働を強から弱に抑えることができるので、年間約9万円の光熱費削減になる(図2)。

図2 年間9万円の冷房費を削減できる
〈前提条件〉 屋根素材:鋼板0.4mm/ポリエチレンフォーム4mm、外壁素材:ALC120mm/石膏ボード12mm、屋根面積:300m2、室内容積:2400m3、床面積:300m2、冷房稼働時間:8~17時(年中)、室温が28℃を超えた場合にのみ、エアコンが稼動すること。設定温度:28℃、換気回数:夏場1回/H、地域:東京(資料:関西ペイント)
〈前提条件〉 屋根素材:鋼板0.4mm/ポリエチレンフォーム4mm、外壁素材:ALC120mm/石膏ボード12mm、屋根面積:300m2、室内容積:2400m3、床面積:300m2、冷房稼働時間:8~17時(年中)、室温が28℃を超えた場合にのみ、エアコンが稼動すること。設定温度:28℃、換気回数:夏場1回/H、地域:東京(資料:関西ペイント)