PR

周囲からの「見守り効果」を設計に推奨する、新しい基準が広まりつつある。ピッキング対策錠や防犯カメラが普及。2003年には全国で約19万件だった住宅の侵入被害の認知件数は、11年には7万件弱に減ったものの、防犯仕様の窓ガラスでも破られる例が出てきた。こうした犯罪を防ぐ上で効果的なのが、近隣や通行人の視線を引き込む配慮だ。今まであまり意識されていなかった他人の目による防犯は、景観や採光といった条件への対応と同時に考えることで、高い効果を期待できる。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)