PR

周囲からの「見守り効果」を設計に推奨する、新しい基準が広まりつつある。ピッキング対策錠や防犯カメラが普及。2003年には全国で約19万件だった住宅の侵入被害の認知件数は、11年には7万件弱に減ったものの、防犯仕様の窓ガラスでも破られる例が出てきた。こうした犯罪を防ぐ上で効果的なのが、近隣や通行人の視線を引き込む配慮だ。今まであまり意識されていなかった他人の目による防犯は、景観や採光といった条件への対応と同時に考えることで、高い効果を期待できる。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

新庄野球を支える日本ハムの新球場に潜入! 五輪後のスポーツ施設を展望
日経BP デジタルサービス会員登録キャンペーン 新規登録会員(無料)になっていただいた方の中から抽選でAmazonギフト券(2,000円分×1万名、1,000円分×2万名)が当たる!
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中