PR

本土復帰前の1966年、「沖縄の子どもたちに夢を」との掛け声で建設された久茂地公民館(旧沖縄少年会館)の解体が、5月末に始まった。市民団体による24時間態勢の座り込みを、那覇市が強制的に排除した格好だ。同館は「沖縄のコルビュジェ」とも称される建築家・宮里栄一氏の代表作。老朽化を理由に解体を強行する市に対し、反対派の市民や建築関係者らは、「耐震補強すれば長く使える」「行政のメンテナンス意識の欠如がそもそもの原因」と主張する。高率の国庫補助を受けられる沖縄特有の事情が背景にある。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料