PR

開閉式の屋根を備え、大規模な国際大会のほかコンサートなども開ける8万人収容の新国立競技場を建設する──。東京都が招致を目指す2020年夏季五輪でメーンスタジアムとして位置付ける国立競技場の建て替え計画について、基本構想案を募集する国際コンペの要項が明らかになった。競技場を運営する独立行政法人の日本スポーツ振興センターが7月20日に発表した(写真1)。建築家の安藤忠雄氏が審査委員長を務める。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

新庄野球を支える日本ハムの新球場に潜入! 五輪後のスポーツ施設を展望
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中