PR

住宅の建て主のニーズが変わり始めている。構造や耐震性能を優先する人が目立って増加。従来のように、平面図や断面図の計画が固まってから、構造設計者に安全性を検討してもらうのでは、建て主の要望に対応できない。計画の早い段階で意匠と構造がタッグを組み、それぞれを両立させる取り組みが不可欠だ。

動向 建て主の優先順位が変化

Villa SSK(千葉県)
Villa SSK(千葉県)

Villa SSK(千葉県)
海と山に視界を抜く立体アーチ

成城の家(東京都世田谷区)
成城の家(東京都世田谷区)

成城の家(東京都世田谷区)
薄い門型フレームだけで支持

K邸耐震リノベーション(東京都豊島区)
K邸耐震リノベーション(東京都豊島区)

K邸耐震リノベーション(東京都豊島区)
外壁の上から鋼板で耐震補強

三田ベルジュビル(東京都港区)
三田ベルジュビル(東京都港区)

三田ベルジュビル(東京都港区)
上層階の住宅の重さで制振

おすすめ関連記事(会員限定コンテンツ)

編集部が選んだ関連記事です。いま読んでいる記事を短時間で深く理解するのに役立ちます。日経アーキテクチュア・プレミアム会員の方は、毎月のダウンロード数制限とは別に無料でご覧いただけます。