PR

旧赤坂プリンスホテルや旧日本長期信用銀行本店ビルなど時代を彩った建物が、完成から30年足らずで相次いで解体される。躯体の耐久性を高め、設備などを更新しやすくしておけば、建物を長寿命化できるはずだったが……。地価の高い都心のビルでは、こうした建築界の常識が通用しなくなってきている。建築主の事業計画が途中で変わったり、所有者が代わったりしても、建物が評価され続けるには何が必要なのだろうか。短命に終わった建築を手掛かりに考える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)