PR

「作品」という概念はもう消えたほうがいい

  • 作品表現よりも設計プロセスが重視される時代が来る
  • 「個」を超える「個」を
  • 今のままでは建築家は社会に組み込まれない

「新しい建築を探すことが課題」と語る伊東豊雄(写真:北山 宏一)
「新しい建築を探すことが課題」と語る伊東豊雄(写真:北山 宏一)

─一連の「みんなの家」は、建築作品をつくるという意識で取り組んでいるのか。

 僕はそろそろ建築から「作品」という概念が消えたほうがいいと思っている。なぜなら、これからの社会は、作品表現よりも、設計プロセスのほうが重視される時代になっていくはずだからだ。
 設計プロセスでは「対話」が重要になる。僕自身は、公共建築を手掛けるようになってから、対話を重ねながら設計してきた。それが自分のスタイルなのだと考えていたが、最近は建築界全体がもっと対話を大切にしてほしいと思うようになった。特に、若い人たちには、そのことを強調したい。

─個性的な表現のみを追求する時代は終わった、と。

 東日本大震災以降、どうしたら建築が「個」を超えられるかを1つのテーマに掲げている。もちろん、完全に個を消した建築はできないから、「個」を超える「個」と言ったほうがいいかもしれない。

─その意味では、最初に完成した仙台・宮城野みんなの家は、「作品」から卒業し、「個」を超える「個」を獲得したように映る。

 僕自身、いくつかつくったみんなの家のなかで、あれが最も強く印象に残っている。表現的に言えば、平凡な切妻屋根の下に、薪ストーブを置いた土間があるくらいで、どうということもない。「縁側がほしいね」、「庇がないと困るな」といった仮設住宅に住む人たちの声を素直に反映した結果だ。

 でも、改めて見直せば、あれは近代以前の日本の民家の縮小版で、昔の暮らし方がある。それが、住民にとても喜ばれたし、自分でも最もフィットした感じがあった。

─ほかの建築家があそこまで個を消すのは難しいのでは。

 建築界のシステムが、斬新な個を求めている部分はある。例えば、設計コンペなどは、個を強く打ち出さなければ勝ち残れない。だから、どうしても作品という概念が強くなってしまう。

 そんななかにあっても、少しずつでいいから、個を表現した「作品」というよりも、社会に通じた「建築」なんだと言えるようになっていかないといけない。もう少し社会と共有できるものを見つけていかないと、これからの時代の建築家は、社会に組み込まれていかないのではないか。若手を中心に、今の建築家には社会性が欠けているように感じる。

昔から対話を重視してきた伊東は、自然体で住民の輪に溶け込んでいく。乾杯もあれば、カラオケもあり。写真は、仙台市宮城野区の「みんなの家」で、仮設住宅の人たちと談笑する様子(写真:伊東豊雄建築設計事務所)
昔から対話を重視してきた伊東は、自然体で住民の輪に溶け込んでいく。乾杯もあれば、カラオケもあり。写真は、仙台市宮城野区の「みんなの家」で、仮設住宅の人たちと談笑する様子(写真:伊東豊雄建築設計事務所)