PR

大林組は「O-GRID」と呼ぶシステム天井の高耐震仕様を開発した。天井の自重の2.2倍に相当する大きな地震力が水平方向に加わっても、天井パネルや空調機などの設備機器が崩落しない下地材の配置方法をマニュアル化。システム天井の耐震化と設備機器の補強に要する費用を1m2当たり1500円程度に抑える。従来の補強方法と比べて2~4割ほど安い。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)