PR

今回のおさらい

透水量は、ひび割れ幅の3乗に比例する。従って、ひび割れは漏水の大敵である

ひび割れ幅は、コンクリートの収縮によって、冬季に最も大きくなる。従って、ひび割れは冬季に補修するのが原則である

閑田 徹志(かんだ てつし)
閑田 徹志(かんだ てつし)1963年生まれ。九州大学大学院修士課程、ミシガン大学博士課程を修了。現在、鹿島技術研究所建築生産グループ上席研究員。2008年に「鉄筋コンクリート構造物のひび割れ制御を目的とした解析技術とその応用に関する研究」で日本建築学会賞(論文)を受賞

連載の予定

  • 第5回 単位水量とひび割れの関係(5月25日号)
  • 第6回 乾燥ひび割れが発生しやすい場所(6月25日号)
  • 第7回 鉄筋の腐食によるひび割れ(7月25日号)
  • 内容は変更になる場合があります