PR

サービス提供側のエゴを排除

 通常、図書館は開架式と閉架式の2つの蔵書方式がある。以前の武雄市図書館は17万冊のうち、開架式は10万冊だった。これを新しい図書館では、蔵書を3万冊増やし、20万冊は基本的に開架式の書棚に並べることにした。

 加えて、蔵書の分類方法も見直した。日本のほとんどの公立図書館では、日本十進分類法と呼ばれる方法で図書を並べていた。この方法では料理は技術に、家庭菜園は産業に分類される。図書館のプロでない限り、容易に探し出せない分類だ。これを書店と同じような「趣味」というカテゴリーに分けて並べるようにした。

 「図書館側は貸し出した本を戻すことを考えて分類するが、まずは借りてもらわなければ意味がない。何よりも利用者にとってシンプルで分かりやすいことを目指した」と高橋リーダーは話す。