PR

竹中工務店の原田哲夫氏らは、らせん状の吹き抜け空間を周囲に巡らせた高さ300mのビルを提案する。アイデアの核となったのは「スパイラルアウトリガー」だ。超高層ビルでは、曲げ変形を抑えるために最上階や中間階などにアウトリガーと呼ばれる強固な梁を設けることが多い。通常はコアからT字形に張り出す形にするが、ここでは片側にだけ設け、らせん状にずれていく形にした。水平力が効率良く地面に伝達され、鉄骨重量を20%低減できる。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)