PR

変革の時が来た─。長い低迷期を抜け、建築需要に明るさが戻った今こそ、様々なチャレンジの好機。バブル経済崩壊後に建築に飛び込んだ世代を中心に、建築の定義を変える取り組みが目立ち始めた。ある者は新たな事業や縮小時代の汎用住宅を開拓し、ある者はデジタルツールを駆使して設計法自体の転換をもくろむ。復興、地方都市、新しい公共性─。建築や都市における「これまで」の手法を疑い、「これから」の枠組みを構築しようとする新世代の100人を、10のテーマで描く。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割開始】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料